今年で40才になる私ですが、アッという間に

40才で自分でも驚いております。

年を重ねるってこんなものなのかなって

時々考えます。


体力・気力もそんなに落ちていないように

思いますが、仕事の責任は増えているように感じ

公私共々何かとお付き合いや、知り合いも随分増えています。


昔のような暴飲暴食は出来なくなってきていますし

体力の低下は否めませんね…


上手く齢を重ねていきたいと感じるこの頃です。



孔子の論語に

・吾、15にして学に志し、

・30にして立ち、 

・40にして惑わず

・50にして天命を知る。

・60にして耳順(耳にしたがう)、

・70にして心の欲するところに従って矩(のり)をこえず


という論語があります。


学生時代には『そんなモノなのかな?』と

漫然と考えておりました。


実際30才を超えて『不惑の40才』をむかえるあたり

『過去・現在・未来』と考えると孔子の言葉に妙に納得してしまうのは

私だけでしょうか?


今の時代に世代を超えて受け入れられるか

孔子が考えていたかどうかはわかりませんが、

先人の言葉に、背筋を伸ばして改めて『生きる』

目標を頂戴しているように思います。


これからの50才までの十年間で

私の天命はどうなるのか?

どのように知るのか?

知る事ができるのか?』


私自身も楽しみです。


これを機会に皆様も御自身の10年前を思い出し

10年後を想像してみて下さい。


孔子の論語に答えが、見つかるかも知れませんね!?





img20091120.jpg



代表取締役 笹倉 太司


『惑わずに住まい造り』の仕事ができれば最高です。