当社のHABITA200年住宅の「太樹」の構造材は

御存知のように国産材(奈良の吉野杉)の集成材を使用しています。

HABITAにおいて杉の集成材を

採用しているのは、いくつかののポイントがあります。



◎ 国産の間伐材を有効に利用できる


◎ 無垢の材料に比べて乾燥の工程で寸法の変化をおこしにくい

 ⇒ 工業製品として一定の強度を保つ

◎ 杉の匂いや効用が優れている。

◎ 天然の空気浄化作用がある

◎ その他色々・・・




実は取引先より特に杉の匂い」「空気の浄化作用」

に関して素晴しい商品の情報の提供を頂いたので、

現在サンプルの作製依頼をしておりますし

現在リフォーム工事のお客様にも提案中ですので

施行例なども紹介できると思います。


杉を手軽に利用し、楽しめる建材!?商品を

次回より随時ご紹介していきたいと思います。



img20090804.jpg


代表取締役 笹倉 太司