先日弊社で分譲予定の物件の遺跡の『試掘調査』が

行われました。


今回の分譲予定地が遺跡の発掘される

可能性の高いエリア・若しくは近くで発掘されたエリアに

存しているため、開発の工程のなかで必要な作業です。

ちなみに、周辺では数年前に鎌倉時代の集落が発見されて

NHKの取材もあったと聞きましたので、少しドキドキの試掘です。


 当日は 設計者 ・ 工事業者 ・ 役所の担当者 

関係者が集まり、物件の所々を試掘しながら

文化財(遺跡)がででこないかユンボで手作業で

調査していただきました。

P1001508

ユンボで一定の深さまで丁寧に掘り進めます。

P1001510

その後地層の変わり目や様々なポイントを注視しながら

手作業で進んでいきます。

P1001511


お蔭様で、今回の試掘では『特に問題なし』で進んでいく事が出来ますが

万一『遺跡』が発掘されると、かなり大変なことになります。


開発工事はストップして、現場は徹底的に調査されることになり

分譲計画も頓挫してしまいます。


太古のロマンも素敵ですが、とにかく今回は何もでてこなくて

『ほっ』としています。

様々な工程を踏んで、沢山の方々の協力があって

皆様へご提供する分譲地が完成します。

今後も機会があれば、開発の工程を

紹介させていただければと考えます。

お楽しみに・・・




img20091210.jpg

お問い合わせは 

HABITA 
エス クリエイト

0120-37-0500まで 


代表取締役 笹倉太司