本日は知り合いが徳島県や徳島大学で勉強されて

LED関連の仕事を始められたとの事でしたので

弊社の取引先へ一緒に御紹介がてらLEDの勉強を

させていただきました。


 ここ数年、『LED』という言葉が建築業界においても

よく使われるようになってきていますが、室内の照明や

一部スポットライトや外構灯に使っている位で

あまり詳しくは知りませんでした。

理系ではない私の一般的なLED知識でいえば

■長寿命である

■発光時の発熱がない

■蛍光灯や白熱灯に比べるとランニングコストが低い

■蛍光灯や白熱灯に比べるとイニシャルコストが高い

■直線的な光である

■数年前に信号機がLEDへ変更された

 
実際弊社のHABITAモデルハウス 『太樹』のインナーバルコニー

『SORA・MADO』部分には各階2灯で計4灯設採用しています。



ところが本日お話を伺っていると

様々な実際には用途で使われており

■体育館

■工場

■電飾看板

■まわる寿司

■噴水や各イルミネーションの光

■漁船の集魚灯

■LED灯を使った農業

                    等々

LEDの素子の製造は徳島のメーカーさんで

現在品質も生産量も日本のメーカーが

世界一番だと聞き単純に嬉しいものですが、

それと共に日本の底力を感じる事が出来ました。


市場では安い中外国産が出回っているようですが

品質や価格でも負けないような素晴しい

商品開発が出来ていることを望みます。


HABITAのコンセプトでもある

『地産池消』

安い外国産ばかりではなく、日本の高い技術や伝統も

見守っていきたいものですね。


今後の弊社においてもLEDをお客様に

住宅建築の中で、より良くご提案できるように、

勉強していきたいと思います。



 

img20091210.jpg

お問い合わせは 

HABITA 
エス クリエイト

0120-37-0500まで 


代表取締役 笹倉太司