ボランティアの受付が終わり、一輪車とスコップと麻袋を

受け取って歩いて10分くらいの産婦人科の清掃へ

向いました。


2011050215570000

前日も見ていましたが、まだまだ手がついていない釜石市内を

複雑な心境で仲間達と病院まで・・・


地元の方々から『ご苦労様!』『ありがとう!』と声を掛けられて

やる気が俄然出てきました。




我々8人と他のボランティアさんと20名位の人員で当日の現場を

片付けさせて頂きました。



海岸線から少し離れていた病院ですが、一階は全て浸水されたとの事

P1002432

全容は載せきれませんが、中は最初歩く事も出来ないほどの

状態で、散乱した廊下の掃除と、泥の撤去かからスタートです。



P1002435

かなりの様子が写真で伝わるでしょうか?

必要な物、写真や思い出の品々、家具も診察関係の器具も

津波で大変な事に・・・

病院の関係者そのご家族も一緒になって、瓦礫やゴミや泥の撤去です。


P1002438

昼前の休憩で病院前にはご覧のゴミの量を運び出しました。

皆黙々と頑張ってお手伝いをしていました。


つづく・・・



img20091210.jpg

お問い合わせは 

HABITA 
エス クリエイト

0120-37-0500まで 


代表取締役 笹倉太司