民主党は29日、菅直人首相の後継代表を決める代表選挙を行いました。

複数の候補者から

野田佳彦財務相が海江田万里経済産業相との決選投票の末、

新代表に選出されました。

野田氏はただちに党役員人事に着手し、

30日の衆院本会議で第95代、62人目の首相に指名されるとのことですが、

今回の選出の様子を見ていると、『数合わせや権力闘争?』

『勝ち馬にのる?』等々の疑問や思惑の交差が取り立たされて

いるのをみて、真の政治家はやはり不在なのでは・・・と不安に駆られます。


新代表の野田佳彦財務相は選出後の挨拶で『ノーサイドにしましょう』

『怨念の政治はやめましょう』
と切り出されていましたが、民主党は一致団結

挙党体制で事に取り組んで頂かないと、『復興支援』『原発問題』『円高問題』

『外交問題』『3党合意』の是非等など国内・国外に問題が山積しています。

我々もしっかりと将来を見据えた政治が行われるかを、日々監視しないと

いけませんね。


『ノーサイド』が今年の流行語になるくらい、素晴しい活躍が

あることを祈るばかりです。






img20090228_1.jpg

http://www.screate-sensyu.co.jp/


お問い合わせは 

HABITA エス クリエイト

0120-37-0500まで 


代表取締役 笹倉太司