ここ最近『TPP』に関して、各マスコミから報道されていますが

皆さんはどのようにお感じになられていますか?

情報不足はもちろんですが、首相からの説明というか

何も伝わらない感がいっぱいに感じるのは

私だけでしょうか?




 野田佳彦総理大臣が昨日予定されていた

『環太平洋経済連帯協定』(TPP)の交渉参加を

参加表明を名を1日ずらして、今晩発表するようです。

反対派に配慮したとのことですが、

なにかすっきりしない首相の行動に個人的にはがっかりです。



 明日12日からのAPEC首脳会議にて、日米首脳会議にて

交渉参加の意向を伝えるとも報道されていますが、

ざわつく国内を発表後は飛び去って、国外でまたまた既成事実・・・

『皆が国の事を思い、論議したことをしっかり自分自身で受け止めたい』

とおっしゃられているようですが、国のリーダとして毅然とした対応を

私は望みます。



食の安全と食料自給率の観点などから

農業関係者の反対の声も良く解ります。(賛成の方もチラホラ)

しかし、国内のGDPに占める我が国の農業の割合をご存知ですか?

今までの農業に関する政策・国策は果たしてどうだったのか?

難しい問題ですね。。。



転じて『輸出産業』を根幹としている日本経済にとって

関税が撤廃されることは即輸出拡大になるかもしれませんが・・・


 全ての項目が欧米化することは如何でしょうか?

21項目の中の自由化?

例えば金融システムや医療に関しての安心・安全の情報があまりにも

乏しいですね。。。



野田首相!困難な問題はまだまだ山積されていますから・・・

頑張ってください!!



img20090228_1.jpg

http://www.screate-sensyu.co.jp/


お問い合わせは 

大阪府下全域をエリアに
買取りキャンペーン中

㈱エスクリエイト


0120-37-0500まで 


代表取締役 笹倉太司