170706 表


 

今日はインスペクションのお話

建築 &不動産の会社

IE LAB♡株式会社エスクリエイトは近年

注文住宅や分譲住宅を建てるのがメインですが…


既存住宅の売買のサポートも行なっています。

今年ももう数件既存住宅(中古住宅)のが売買を行なっております。



そんな既存住宅の売買時に気をつけていただきたいのが

インスペクションの有無です。


明日のラヂオのネタバレですが(笑)




インスペクション?の説明


簡単に言えば建物の診断書です!

キッパリ(笑)



国土交通省のHP抜粋でもう少し掘り下げると…


※中古住宅は、新築時の品質や性能の違いに加えて、

その後の維持管理や経年劣化の状況により物件ごとの品質等に差があることから、

消費者は、その品質や性能に不安を感じているといわれています。このような中、

中古住宅の売買時点の物件の状態を把握できるインスペクションサービスへのニーズが高まっています。



一方で、現在民間事業者により実施されている「インスペクション」といわれるサービスは、

中古住宅の売買時検査のみならず、新築入居時の検査やリフォーム実施時に行うものなど様々です。

また、目視等を中心として住宅の現況を把握するために行われる現況検査は、最も基礎的なインスペクションですが、

現場で検査等を行う者の技術力や検査基準等は事業者ごとに様々な状況にあります。


このため、本ガイドラインにおいては、中古住宅売買時の利用を前提とした目視等を

中心とする基礎的なインスペクションである既存住宅の現況検査について、

検査方法やサービス提供に際しての留意事項等について指針を示すこととし、

これにより、事業者による適正な業務実施を通じて、

既存住宅インスペクションに対する消費者等の信頼の確保と円滑な普及を図ることを目的としました。




基本的に新築は検査や監査がしっかりとしておりますが

既存住宅は明確な基準がなく、消費者目線では計り知れない不安や不満から

トラブルに発展することも、しばしばあるようです。




近年インスペクションの有無については説明する事が

宅建業法でも義務づけられまして、

有無に関しては当然ですが

インスペクションの制度説明、

インスペクションの存在を知って頂くことを

売主さんにも買主さんにも目的として

笹倉さん達もキチンと説明させていただいています。







今回はジャパンホームシールドさんにて

岸和田市上松台西の既存住宅を仲介販売受託するにあたって

売主さんがインスペクションを採用されることになり

本日は検査日等の打ち合わせ。




1C1A3E29-9A7B-4D1D-AECA-D7CEB5D425F6




まぁブログでは書ききれませんが(笑)

インスペクションについては

インスペクターと呼ばれる有資格者が

建物検査した診断書が付くんやなぁって覚えておいて下さい。


一長一短ありますが、診断書で問題無い方が安心ですよね。

既存住宅瑕疵保険なんかにも加入できますしね。


ただし、インスペクションの結果

思わぬ瑕疵や補修に多大な費用がかかる場合などもありますので…

その後の対応をどうするのか?

考えておかなければなりませんね。



詳細は笹倉さんか、

インスペクターの有資格者でもある

弊社松谷監督にご質問下さい。



笹倉さんも一応申請すればインスペクターの要件は満たしておりますが…

松谷監督の方が詳しいですかね…


いやぁ笹倉さんかなぁ?

※何の負けん気?(笑)




I♡YOUの家造りをご一緒に♪(^_^)v

永く愛される家造り研究所IE LAB

株式会社エスクリエイト

代表取締役 笹倉太司

お問い合わせは0120ー37-0500

170706 裏



■ IE LAB Facebook はじめました♪

https://www.facebook.com/SCREATEIELAB/

よろしければフォローお願いします♡


■愛される家造り研究所IE LAB

株式会社エスクリエイトのHPはこちら

http://www.screate-sensyu.co.jp/


■不動産相続の相談窓口のHPはこちら

https://fudousansouzoku.jp/